第一子は不妊治療で第二子は自然に授かりました

現在二人の子どもがいますが、一人目の時に不妊治療を受けていました。結婚して1年くらいたったころから子どもが欲しいと考え始めて子作りを開始したのですが、なかなかできず、1年経ったころに病院に行くことにしました。

最近では当たり前のように原因は男女で50パーセントずつだ、と言われていますが、当時はまだまだ男性不妊は一般的ではなく、私の夫も不妊治療の検査をとても嫌がっていました。私はどうしても子どもが欲しかったので、私一人でも治療に通うつもりでしたが、夫が積極的でないのは本当に辛かったです。

不妊治療に通う前に事前に病院に確認して基礎体温表を3か月分つけてくるように言われました。ホルモン検査などをして卵管造営検査もしました。結局検査結果は私も夫も異常なしだったのですが、当時はまだ20代で、原因もないのにどうして子どもができないのか本当に不安で常に暗いトンネルの中にいるようでした。

なるべく自然にできるようにしたい、という病院の方針に合わせて、まずはタイミングから始めることにしました。生理の日をリセットと考えて数日後から病院に通い、内診などをして排卵日を特定してもらいました。特に排卵障害などはなかったのですが、より子どもができやすいようにホルモン注射をしてもらいました。

私は結局タイミングで3回目で子どもができました。一人目の時になかなかできなかったので、二人目は本格的に不妊治療をしないといけないかな、と思っていたら二人目は自然にすぐにできてとても驚きました。